石丸陶芸株式会社のご案内

会社沿革

昭和23年

波佐見町中尾郷にて石丸午太郎が陶磁器卸商を創業(個人設立) 

昭和29年

有限会社石丸陶磁器店として石丸組織設立 代表者 石丸水雄就任

昭和31年

中尾郷より湯無田郷へ移転し会社拡大販路拡張につとめる

昭和35年

会社敷地内に有限会社林九郎窯を築窯
手造り手描きの石丸オリジナルブランドとして全国の専門店、百貨店で展開され定着する

昭和41年

石丸陶芸株式会社に社名変更

昭和46年

佐世保税務署より優良法人の指定を受ける(その後現在まで連続継続中)

平成9年

2代目社長石丸慶太 就任
以後、現在に至るまで有田、伊万里、三川内、波佐見の肥前の焼物を豊かな感性をもってオリジナリティーにあふれた器を紹介。
500店に及ぶ専門店、百貨店で展開され、幅広い支持層を得ている。

平成11年4月

会社敷地内に古陶磁美術館 緑青を開館、歴史的文化的にも重要な「波佐見青磁」をはじめ古平戸、古薩摩などを展示。

平成11年11月

会社敷地内に古陶磁販売 あんちっく館オープン